肌質別比較ポイントで選ぶ化粧水

化粧水は種類が多い為、肌に合わず失敗してしまったという経験を持つ方も少なくありませんが、肌質に応じたものを選ぶと失敗しません。

期待できる化粧水の比較に有効な知識の紹介です。

そこで、肌質ごとにどのようなポイントを比較すべきかという事を、把握しておくと良いでしょう。そうすれば失敗する心配がなくなり、肌トラブルが起こるリスクも低くなります。乾燥肌の場合は、保湿成分を角質層まで浸透させられるか、保水力を高める事が出来るかといったポイントで比較しましょう。

その結果、保湿成分がナノ化されており、保水力の高い成分が配合されている化粧水が適している事が簡単にわかります。正反対の脂性肌の場合は、毛穴を引き締める事が出来るか、油分が配合されていないかといったポイントで比較しましょう。そうすると、毛穴を引き締める成分が配合されている、オイルフリーの化粧水が適しているとわかるでしょう。
敏感肌の場合は、肌のバリア機能を高めつつ再現出来るかどうか、角質細胞に水分を届けられるかといったポイントで比較しましょう。


すると、バリア機能を高めるだけでなく、弱ったバリア機能の代わりに働く成分が配合されている事や、水分の浸透力に優れた化粧水が肌質に適している事がわかります。

Girls Channelがさらに話題になりそうです。

混合肌の場合は、保湿しながら余分な油分が取り除けるか、大人ニキビを予防できるかといったポイントで比較しましょう。
そうすれば、植物成分やグリチルリチル酸塩が配合されている化粧水が、最も肌質に適している事がわかる事でしょう。